FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

叩いて

白い柔らかな布に浮かんだヒップラインのグラビアを見て、ユノはどうしようと思った。あんなうすいソフトな生地、しばらく履いてなかったし。あそこまで強調するようなアングルとは思わなかった。

「言いたいことは終わりですか」
「チャンミン・・・」
「叩いてほしい、っていってるみたいだったから」
「違う・・・」
オーバーサイズのシャツ一枚でユノはベッドに這って尻をチャンミンに向け話していた。これからどうされるのか、わかりきった体位。尻をなんとか隠していた裾をチャンミンは容赦なくまくり、胸辺りにずり落ちていった。間髪いれず平手打ちされる。
「あんっ!」
パンっ!という音。ユノの尻に甘いしびれが走る。チャンミンの強靭な手首がスナップを効かせてパンっ!パンっ!と続けて打つ。
「ユノ今どうされてるんです」
パンっ!
「ああっ!」
「言って」
「お尻叩かれてる」
ふう、とため息をつかれてユノは振り返る。ベッドの端に脚を投げ出すように座ってつまらなさそうにしているチャンミンに慌てて言う。
「ベッドの上で、こんなかっこで、チャンミンにお尻向けて、えとシャツ一枚で、」
かくりと首を落とし、腰をつき出す。
「お尻叩かれてる・・・」
恥ずかしい。ユノの頬に血が登るのに。
「悪くないけど、お尻叩かれてる、ユノ気持ちいい、だともっと良かったですね」
言葉でもはずかしめられてますますカアッ!と頬がそまる。チャンミンの冷たい声。
パンパン、という音が響いてジンジンして、ユノがたまらなくなったその時、聞かれた。
「ユノのお尻はこれだけでいいの?」
「え・・・」
穴をつうぅと、と撫でられてぶるぶるふるえる。がばりと仰向かされて見上げると、チャンミンのいきり勃った男茎があった。
「ふ。もう返事してる」
唇からたれた唾液をぬぐわれてユノは恥ずかしくてたまらない。うるうると濡れていく瞳にチャンミンはふふ、と笑った。
「あああ、チャンミン、そんなんすぐイっちゃう・・・!」
指で慣らしたあと、いきなりトップスピードで腰を振り始めたのにユノは悲鳴をあげる。ずるりと抜かれてひっ!と呻く。
「ユノはお尻叩かれたあと挿れられるとすぐイっちゃいますよね?なんで?」
「あ、だって、・・・っ」
「お尻叩かれただけで気持ちよくなってるから?」
またよつん這いにされて、尻をバシッ!と叩かれた。
「あん!」
そのまま腰と尻の境めあたりをがっしりと両手でつかまれ、挿れられてまたすぐトップスピードで動かれる。あっ、あっ、あっ、あっ、とユノは声とよだれを垂らす。痺れそうなくらい気持ちがいい。
「あっあっ、お尻叩いてっ」
「ほらやっぱり!あれ叩いてほしいだったんだ!」
「違う違う、チャンミナ叩いてっ」
振り向いて懇願する。
「チャンミナ叩いてっ・・・」
パンっ!とひときわ高く音がして。全身が痺れる愉悦にユノはあっけなく気絶した。

水にひたした柔らかいタオルでユノを拭い、オイルで念入りにマッサージしながらチャンミンはつぶやく。
「いつか、望み通りに思いっきりできたら」
スポンサーサイト

コメント

1000番、キリ番踏みました♡(〃ω〃)

初めてのキリ番なんですが、1000番でいいんですよね?一応、確認させてください。よろしければ、リクエストです。
48手って、韓国にもあるんですかねぇ〜。そういつ本をもらったチャンミンが、挑戦していく、ってのはいかがでしょうか?
苺弁当で、妄想膨らんじゃいました(〃ω〃)
もちろん、ユノは初めて見た本に真っ赤、みたいな流れで♡(〃ω〃)

まるちゃん(てら)さん:

リクエストありがとうございます。
では早速かきますね!

おはようございます^ ^

望み通り
叩かれるだけで…
叩くだけで…
な、2人を見れる日も近いと思って楽しみにしてていいでしょうか♡?

キリ番狙った方がいいのかな?w

たぇさん:

いやお互いの望み通りにするなら一緒に10日間くらい休みでユノは人前に出なくていい状態でありませんと。

次のキリ番いくつにしましょうか?(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。